見学処

片倉小十郎屋敷

戦国武将の生きた時代を感じる

伊達政宗公の軍師としてその名を知られる片倉小十郎の屋敷を復元。
刀資料館や風流な日本庭園などを見学できます。
一緒に写真を撮るとお金持ちになれるという伝説の松の木も!

忍者資料館

暗躍する忍びの掟や歴史を紐解く

戦国時代から江戸時代にかけて、大名を助ける影の軍団として働いていたのが忍者です。その忍者が実際に使っていた忍び刀、手裏剣、まきびし等の道具を展示、紹介しております。

時代劇撮影処

時代劇の登場人物になりきる

2016年夏、本格時代劇の撮影ができるスタジオセットを片倉小十郎屋敷内に開設!一般のお客様も、撮影の様子を見学したり、撮影のない時にはセットを背景に記念写真を撮るなどしてお楽しみいただけます。

火の見櫓(展望台)

天高くそびえる櫓から江戸の町を見晴らす

高く立派な火の見櫓は、江戸の町のシンボル。
2016年春より、2階部分を展望台として一般開放。地上約7メートルの高みから村内中心部を一望できる、恰好の写真撮影スポットです。


刀資料館

貴重な日本刀や模型を多数展示しています

刀剣の制作過程や、時代による刀身の変遷を詳しく解説。鍛人(かぬち)と呼ばれた刀職人の工房も復元、展示しております。

片倉資料館

現代に受け継がれた開拓の志に触れる

今や温泉地として全国的に知られる登別は、伊達政宗の右腕・片倉小十郎の子孫により、明治時代に開拓されました。その苦難の歴史を、図表で振り返ります。

熊さん長屋

活気溢れる下町の日常を味わう

おなじみの熊さんや、ご隠居が登場する裏長屋。庶民の代表的な集合住宅を当時の様子をそのままにリアルに再現しました。

江戸街めぐり